帰宅ランにおすすめのバックパック IAMRUNBOX

人気の投稿

帰宅ラン用のリュックやバックパックにもとめることって、実はかなり要求水準高め。

1)ズボンやシャツを入れてもシワにならないようにしたい

2)革靴も持ち帰りたい

3)書類やPCなんかも入れたい

4)出来れば客前に持っていってもおかしくないものが理想

辛うじてこれらをすべて満たすかなと思って使っているのが、こちら、スウェーデンのIAMRUNBOX。

キックスターターのクラウドファンディングで始まった製品で、プロモビデオがむちゃくちゃカッコいい。

見た目だけではなくて、きちんと要求水準も満たします。

実にきれいに仕分けできる

移動用のパックの求めたいのは、1から4の要求項目を満たしたうえで、きちんと仕分けできて、移動中も「そのままホールドしてくれる」こと。

はい、たいていのパックにこれは無理です。

でもですね、IAMRUNBOXは一応ぜんぶきちんとこなします。ノートPCやiPad Proもちゃんと入るし、収納力は問題なし。

荷物が少なくてもセーターとか1枚いれているだけで中で小物がバタバタすることはありません。

見た目もスマート。おい・・・、きみすごいじゃないか。

大きいサイズのProがおすすめ

サイズはProとLiteの二本立て。

僕はプロをおすすめします。理由はProが大きすぎるという程度の荷物の人がイメージできない・Liteがちょうどよいという程度の荷物の人がイメージできないから。

Liteで足りるような日は、レースと普段使い兼用で使いやすいUltrAspireのZygosを僕はつかってます。

なお、Proのサイズ感こんな感じ。

別売りのシューバッグは不要(でもゴム紐は使い勝手良好)

シューズを入れるには別売りのシューバッグというのがありますが(僕も持ってます)、正直、わざわざ買うようなバッグではないのでなかったなという印象。

適当な靴用の巾着でいいんじゃんみたいな・・・。

右がシューバッグ装着後。シューバッグは、IAMRUNBOX Pro本体に付属のゴムひもを使って背中部分に括り付けます。

ただ、このシューバッグを買わなくても、それを縛り付けるゴムはついてくるので、これをカバンにつけておくと何かと便利。

僕はコートやセーターを挟んだりするのに使ってます。