痛みもレース体験の一部

トレイルレース・ウルトラマラソントレイルラン, ロード

とうとうT+0、当日になりました。今日の White Rose Ultraは今年の〆のレースなのでちょっとくらい足が痛くても根性で完走してきます。

100キロはこんな感じ

こうやって絵で見てみるとすごい距離ですな。頑張ります。

100キロはちょうど東京から熱海の距離

でもまあなんというかサブ 10狙いじゃないので 60マイル( 100キロ弱)のウルトラトレイルも実に気楽。

制限時間 16時間を目一杯使えば良いので楽しめる範囲で頑張れば OK。

村上春樹もこう言っています

Pain is inevitable but suffering is optional – Haruki Murakami

“たとえば走っていて「ああ、きつい、もう駄目だ」と思ったとして、「きつい」というのは避けようのない事実だが、「もう駄目」かどうかはあくまで本人の裁量に委ねられていることである。”

リタイア癖をつけたくないので足が痛くてもなんでも歩ける限りは行ってきます。最初から加減していけば多少不調でも100キロくらいへっちゃらくらいの足は普段の帰宅ランで作れているはず。

と言いつつ、明日の天気がやや気がかり。雨はやめてよね。

土砂降りじゃないだけいいか。それにしても寒そう。

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加