マラソンが速くなる本 | みやすのんき 「走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー」

人気の投稿

帰宅ランをやってみようかなと思って最初にというかはじめる前からぶち当たる壁は「やっぱゼエゼエ苦しいじゃん」っていうやつ。

あれね、わかります。

僕は学生時代は階級制のスポーツをかじったので、走ったり、水道のホースで延々と縄跳びをしたりして普通の人より運動はしました。

それでも、サラリーマンになってからこの15年以上は何もやってなかったし今さら走るのかよ、辛いじゃんという心理的な抵抗感はものすごいものがありました。

まさにそびえ立つ壁

進撃の巨人じゃないですけどその心理的な壁の外に出るのは、正直ね、大変なものがありました。実際に訳もわからず学生時代のノリで走り出しても、信号をひとつ行くだけで、もうこの世のものとは思えない辛さ。

フリー素材をお借りしています

ランニングブームって言うくらいだから運動部じゃなかった人たちだって走ってるはずなんだけど、僕がこんなに辛いのにみんなどうやってんのかなというのが最初の疑問。

ヒエエエエってなっている側を軽快に走り抜けていくおじさんおばさんはどうしてんだみたいな。なお僕もおじさん。

でもウォーキングに逃げるのは絶対イヤ

愛好家には申し訳ないんだけど、アレ、なんか中高年の証しみたいなところがあるじゃないですか。気持ちだけでも若くいたいのであれの仲間入りをするには絶対イヤ。それに、ロンドンの街中であんなに手をフリフリしてウォーキングなんかやってる人はいないんですよ。

それで最初にはじめたのがスロージョギング。話しながら走れるペースでしか走らないというアレですね。ちなみにその道の伝道師の先生がYouTube動画を公開していて、「はじめ方」という入り口で躓かない親切設定。

実際にやってみるとすごく快適。1週間も続ければ、このままどこまでも走り続けられるんじゃないかという気がしてきます。なお、この先生の本によればスロージョギングは脳の記憶を司る部分に良い影響があるそうです。

スロージョグからの移行は第2の壁

スロージョグを真面目に続けていると、それなりに走れる気がしてくるんですよ。でも、不思議なもので普通のランニングに移行するとトタンにやっぱりだめ。そりゃ少しは走れるいうになってますよ。でも、遅かれ早かれ結局ゼエゼエとなって、とても辛い。

普通は「やっぱりつらいな」って感じでかったるくなって、たいていここでドロップアウト。ランニングクラブに入って頑張る人もいるんでしょうけど、そこまで時間に余裕がある人・熱意が持続する人って少ないですよ。僕が帰宅ランにしたのは、まさに「そんなに暇じゃないし、時間も読めない」からです。

それなのに、決まった時間のクラブの練習会なんて無理無理。

しかもランニングのノウハウ本はイマイチなのが多すぎ

そこで頼ったのは、あまたあるランニング本。

でも、まずウソっぽいのが多すぎ。それっぽいこと言ってるな的なものでも、どれも文章ばかりでビギナーにはフォームをイメージしづらいか、内容が本格的すぎてやや難があるんですよ。

例えば、ある本では「アフリカ人はお尻が後ろに突き出ている、あれが良いフォームのひみつ。なのでお尻は高い位置に置いて後ろに突き出して走りなさい。」って書いてるんですが、これ、やりたい人っているんですかね。割と短足のアジア人がお尻を突き出して背中はエビゾリで走るんですか。無理があるし、滑稽に見えると思います。

本格的すぎるので言えば、「これを読めばサブスリー」みたいなの本も困りもの。実際、そんなのばっかり溢れてるけどオーディエンスにそれだけの実力がある人ってどれだけいるんですか。もう少し考えてノウハウ本出してよって思いますね。ビギナーに全然やさしくない。

みやすのんき

でも、一冊だけいいのがあるんですよ。それがマンガ家みやすのんき氏の手による掲題の「走れ! マンガ家ひぃこらサブスリー 運動オンチで85kg 52歳フルマラソン挑戦記! 」。

アマゾンで本業のマンガの方のタイトルを見てみると正直かなり微妙なジャンル。でも、このランニング本を読む限りでは、意外なことに彼は疑問を持つ力に長けているんですよ。そのランニングフォームは無理があるんじゃないですか、など。

それで速いランナーを彼なりに観察して「実はこういうフォームで走ってるじゃん」というのをまとめたのがこの本。そして、本業はマンガ家なのでフォームや説明を挿し絵付きで説明してくれているのでイメージが湧いて実践にも移しやすい。ノウハウ本は本来はこうあるべきなんですよ。

読んで彼のノウハウを取り入れると走るのが断然ラク、俄然速くなります。たぶん、怪我もしにくくなるんじゃないかな。だってラクですから。

パーソナルトレーナーを雇うのと同じ効果が1600円で得られて、何度読み返しても時間チャージのトレーナーと違って最初の1600円以上はかかりません。これはおすすめです。