マラソンとケトン体 | アスリートの有酸素運動能力を2%向上させるドリンク

糖質制限ケトン体, ダイエット

ケトン体はきつい糖質制限をおこなった際に身体のなかで生成されるエネルギー源の一つ、そして脳が使える栄養素の二つのうちの一つ(もう一つは糖質)。長い話を短く言うと、身体に与える影響は良好、さまざまなメリットがあるので、僕が糖質制限を継続するうえでのモチベーションの一つになっています。

あ、そう、そんなに良いなら直接、ケトン体を摂りこんでしまえばいいじゃないですか!という発想のもとに生まれたのが、紹介する画期的?な栄養ドリンク「HVMN Ketone(ヒューマン・ケトン)」

ケトン体のポイントは炭水化物でもない、タンパク質でもない、そして脂質でもないということ。そして、今日紹介するプロモビデオにもあるように、ケトン体は持久運動・有酸素運動のパフォーマンスの強力なブースターです。

このドリンクは、正確にはHVMN Ketone Ester(ヒューマン・ケトン・エステル)といい、サンフランシスコのベンチャー企業HVMN社(ヒューマンと読みます)が、オックスフォード大学のキーラン・クラーク教授(生化学)と共同開発したもので、無味無臭、120kcal程度のドリンク。

ベースとなった研究は、バイオハッキングといわれ、キーラン教授が米軍の資金支援を受けて行ったもの。ベンチャー投資の世界でも最近注目のホットな分野のド真ん中。

プロモビデオが良くできているので、第四のSuper fuel(超エネルギー)、ケトン体というものがどういうものか、プロモビデオを訳していきたいと思います。マラソンとの相性は最高。

 

 

我々の体はいろいろな意味でコンピュータシステムに例えることができます。食事と運動の関係も、コンピュータのアウトプットのパフォーマンスをインプットによって改善していく、例えば最適な入力をすることで応答を的確に、かつ早くするにはどうしたら良いかという工夫と同じように考えることができます。

 

バイオハッキングの世界へようこそ。インプット(食事)について可能な限りの努力をしてみてはどうでしょうか。(これが開発コンセプトです)

 

“We want to make better humans(我々はより良い人類を造りたい)”―ヒューマン社の創業者ジェフリー・ウーです。

 

ジェフリー・ウー「僕らのストーリーは身近なエネルギー源から始まります。誰もが炭水化物や脂質については知っていて、それに頼って暮らしています。でもアスリートが試すことのできる自然由来の代替エネルギーがあるんです。それがケトン体です。」

 

われわれの身体はごく少量であるものの、つねにケトン体を生成しています。そのケトン体がスーパーフュール(スーパーエネルギー源)としてキックインしてくるのは運動などで身体を限界まで追い込んだときです(注:Keto-adoptedの人でないと普通はグルーコース、糖質が枯渇してハンガーノックになってしまうので注意しましょう)。

 

Ketone by HVMNは世界で初めてのケトン体100%のドリンクです

 

オックスフォード大学クラーク教授「私たちのケトン・エステルの研究は10年以上前に米軍の資金支援を受けて始まりました」

 

ヒューマン社副社長マイケル・ブラント「われわれのケトン・エステルを使うとエリートアスリートたちは有酸素運動能力を平均して2%改善することができます」

 

ツールドフランスのサイクリストは30分のタイムトライアルで400メートル多く進むことができます

 

ジェフリー・ウー「これは生体ハッキング研究のはじまりにすぎません」

 

ケトン体の可能性の研究には広範な応用可能性があります。たとえば加齢、うつ病、アルツハイマーを含む認知症、メタボリズム、肥満、炎症、パーキンソン病、糖尿病など無限とも思われる広がりがあります。

 

人類を強化するわれわれの研究に終わりはありません

 

強くあれ、賢くあれ。そして不可能を実現せよ

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク