ぬかるんだトレイルにはイノヴェイト Inov-8 マッドクロウ

人気の投稿

30日、31日と近くのトレイルコースを使って傾斜をそれぞれ10往復程度、距離にして10キロ+ほど駆け上がったり下がったりしたら、今でも足がパンパン。

このコース、小刻みにアップダウンがあり、また地面が悪いのでバランスの取り方など、からだ全体を使って動くことが求められるコースです。学生時代に運動部でした程度の僕には難易度高。

関節に痛みは出ないのに、大腿に張りが出る。これは鍛えられるなと満足しています。問題は、仕事が始まると、これをやれるのは週末と早朝・夜間になってしまうこと。

ひどい悪路なのでヘッドトーチを持っていても夜はちょっと足元が怖い。スリップした際に、昼間ならなんとかなっても夜は怪我してしまうかもしれない。

ご当地シューズ Inov8(イノヴェイト)

イングランドのクロスカントリー、トレイルは一年の半分くらいがマディー。だいたい11月くらいから4月くらいまでがその期間で、今は丁度いい感じに真ん中。トレイルはスリップ祭りです。

イギリスのランナーは、そういうものだと諦めが付いているようで、シューズのレビューなんかも「muddy trailのシーズンになったから」等々のコメントが並びます。

お国柄、土地柄、泥が深くてもスリップしないシューズのニーズはものすごく高い。

こうなると、当然ながら買い求めるべきはご当地イギリスのシューズということで、Inov-8の出番。

この社名は、言うまでもなく、革新・発明(innovation)をもじっています。

イノヴェイトのサイト 左端のチェックする箇所にはFell Running(イギリス英語でいうトレイルランニング)のほかにMud Running(ぬかるみランニング)があります

Mudclaw 300を購入するまでの道のり(ブランドが多すぎてジャングル)

ソールのゴム爪のパターンと深さが絶妙(らしい、爪は8ミリもあって泥が深くても滑らない等々、レビューでは極めて高い評価。

それは良いとして、問題は購入を決めるまでの情報集めと労力

Inov8のトレイル系ブランドは、マッドクロウのほかに、エックス・クロウ、ロックライト、エックス・タロン、テラクロウなどがずらっと。ブランド数が圧倒的に大杉。

使ったことがある友人の話を聞いて、海外ブログ・海外の本家サイトを読んで、そして何より名前から常識的に考えて、マッドクロウが僕の求める悪路用なんだろうと判断してぽちり。

難点は情報量の少なさ

日本語の情報は特に限定的。そして得られる情報の種類では、(少なくとも僕には)もっともどうでもよい情報が豊富。たとえば「ナチュラルランニング志向」など。あのね、ナチュラルランニングの定義ってどうなってますか?

文系の僕が言うのもなんですが、そんな文系丸出しのぼやんとした説明で何万円もするシューズを買えませんよ。でもこれ、実を言うと程度に差はあれど、どこのシューズメーカーでも見受ける点で早期に改善が望まれます。

Inov8の場合でいうと、日本の代理店が運営するサイトは力が入っているのか入っていないのか全く不明。ブランド専用ホームページがありながら、本家のサイトと比べると情報量は格段に少ないです。

このホームページを見て買いたくなる人がいたら会ってみたくなるレベル。(ブログなので少しセンセーショナルに書き立てています)

本家のページ

「グリップ力のテストで他社製品比で圧倒的だった」など、購買意欲を書き立てる記載。もっと説明があった方が助かるけど、我慢どころ。

Inov8 Japanのページ

言っちゃ悪いけど(標準化されていてスペックの違いは直径の違いくらいの)建設資材のカタログ以下。完全にお手上げ。

「こういうコース・地面を想定しているのであれば、このシリーズが良い」と言ってくれればいいのに、そういう配慮ゼロ、一見の客にやさしくない設定。きみらは銀座のすし屋か。

接待と不倫で成り立っていた銀座のすし屋。風当たりが厳しくなって彼らだってサービス精神旺盛になってきているのに、シューズの小売りが前近代的でどうする。

マッドクロウは練習用、Xタロンはレース用

海外のブログで得た情報を僕なりに整理してバサッと切ると、MudclawとX Talon以外はとりあえず忘れてよい、です。

スぺックは、悪路への対応力でほぼ同じ、ただしマッドクロウがよりハードコア仕様で重量があることが主な違い。この点を頭に入れて、この2ブランドを整理すると、非常にクリアに使い道が切れます。

エックス・タロンは重量も軽いのでレース用。格別にトレイルが悪いという状況でなければ無問題。

日々の練習用はマッドクロウ一択(エックス・タロンは軽量過ぎるのでトレーニングに向かない)。レースでも、僕が普段走るようなこういうトレイルなら、よりハードコアに振ったマッドクロウ。一番重要なコア性能にのみフォーカスして整理しないと、何を基準に選んでいるのかわからなくなるので、仕切りは多少乱暴でもOK。

この流れで考えれば、ぬかるんだトレイルのシューズ、とりあえず買うならInov8のマッドクロウ。オンライン購入なので届くのは金曜日。今から楽しみです。

追記:レビューはこちら