トレッキングナビ Garmin eTrex 30xで地図読み力を補完

ギアGarmin

僕が持ってるGarminはForerunner630(日本だとForeathlete630)というロードモデル。

トレイルでは標高差の計測に差が出ているのはスペック不足ではないかと知人から指摘。

知らなかったのですが、同じGarminでもトレイルモデルのfenix5シリーズには、気圧計もついているそうです。あるとなしとで、標高差の計測に差が出るのではないかというのが彼の意見。

でも、630も昨年買ったばかり。少々標高差の計測に難があっても、ここでもう一台、600ポンドもするランニング時計を買うのはちょっと。。。

まじに気がひけます。

代わりにトレッキングナビを導入することに

これ、足りない機能も補えて、fenixだけでは実現できない機能も手に入れられる名案。でも、白状するとオリジナルアイデアではなくて、友人のアドバイスそのままです。

彼曰く「標高の計測が正確だと、コースのどの辺にいるのかよく分かってよいから何かツールは必携」、それに「コースのマーキング少ないレースでも、GPSつきのマップがあれば対応可能」とのこと。

エントリー済みの10 Peaks Lake District(10の頂上・湖水地方ラウンド)と、同じく10 PeaksのBreacon Beacons(ブレコンビーコンズラウンド)はマーキングが極めて少ない様なので、ヘタをすると遭難する可能性あり。

確かに、地図読み力には難があるし、それを今から特訓しても高校から山岳部みたいな人でないかぎり実践力はたぶん問題外。こういうエクイップメントの補助があると、レース運びにも安全にもプラスでしょう。

10Peaksのようなレースだけでなく、2月のTrans Grancanariaでも使えるアイテムなので早々に購入決定。

機種はピンキリ、僕はGarminのeTrex 30x

これも本格的なエクスペディション仕様(探検用)から、自転車につけるようなカーナビもどきみたいなものまでピンキリ。

その中で僕が選んだのは、充電式でないこと(いつでも替えの電池を使える)、バッテリーの持ち時間が長いこと(言わずもがな)、タッチ式でないこと(いちいちグローブを外して操作するとかありえない)。

バッテリーは最大25時間(タッチ式の類似機種は16時間)、乾電池で動くモデル

これは頼もしそう。

ちなみに、このモデルよりもはるかに高機能品をもあります。ただ、上を見ればきりがないので、最低限の機能があれば良いという割り切りが大切だと思います。

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギアGarmin

Posted by 千本ノック