糖質制限:インスリンが認知能力に影響するらしい

人気の投稿

いろんなところで語られているので詳細は省くとして、インスリンスパイクが起きない食生活にはさまざまなメリットがあることはよく知られている通り。

その一つが、認知能力(要は脳みそのパフォーマンス)の維持。

逆に言えば、ケトーシスの逆の高血糖状態とインスリンスパイクは、認知能力には負の影響があるとのこと。

例えば、認知症やアルツハイマー症は「三型糖尿病」と一部で言われるようにもなってきているとか・・・

認知能力の低下に影響するのはインスリンのレベルらしい

この「三型」について興味深い研究が英国インペリアルカレッジの研究陣から発表されています。

Aims/hypothesis
The aim of the study was to evaluate longitudinal associations between HbA1c levels, diabetes status and subsequent cognitive decline over a 10 year follow-up period.

 

この研究では、5180人の被験者を長期にわたって観察。

糖尿病であるかどうかにかかわらず、血糖値が高い被験者とそうでない被験者との間で、認知能力の低下に有意な差が出たことが報告されました。

2016年のニューヨーク大学での同様の研究でも、健常者に比べて二型糖尿病の患者は認知症になる可能性が2xになることが報告されています。

NYUの研究ではさらに踏み込んで、血糖値のコントロールには成功しているものの、インスリン投与を受けている被験者についても調査。

結果は、このグループでも認知症の発症率が有意に高いことが判明しています。

これは血糖値というよりは、インスリンのレベルが認知症の発症・認知力の低下につながっているということを示唆しているように見えます。

糖質制限、ケトーは理想的な食事法

一回慣れてしまいさえすれば良いのですが、最初は禁煙と同じで非常にかったるいし面白く無いんですよね〜。

ケトー順応には2週間くらいで済む人もいれば、僕のように日常生活は問題なし・走るとガス欠感(身体が重い)がひと月続く人も。この辺は個人差があります。

なので、レースのスケジュールとの兼ね合いで考えながら食生活を変えていかないといけないのでその辺りがなかなか難しい。

ですので厳密にやらずに気楽に構えてうまくやるようにしています。