レース一週間前:既にだいぶテーパリングな時ってなにすんのかね

練習

こんな感じで調整してレースを迎えましょうっていうスケジュール集は死ぬほどあるのに、体調崩したり、減量が上手くいかなくてイマイチなときの最後の調整ってどうするんですかね。

仕事があったりすると、むしろイマイチなまま本番を迎える人の方が多いはずなのに、なぜ情報がないのか・・・。

どうしたらいいかわからないし、そんなに疲れることもないかなと思って明日は近場で長めに走る予定。本当は先週やるはずだったんだけど、インフルったので出来なかった分です。

Putney Bridge(パットニーブリッジ)というところからスタートして、ハンプトンコート宮殿で有名なHampton Courtへテムズ川沿いを抜けるコース。

パットニーブリッジって言われても分かんねえし、イメージも湧かねえよということはあるかと思うので、とりあえず地図をつけてみました。

コース全体図。テムズ川、うねる、うねる。5月のThames Path100というレースの一部でもあります。
スタート地点のパットニーブリッジ

パットニーブリッジからスタートしてすぐの対岸には、フルハムパレスというイングランド国教会の大主教の住居だった砦・お城があります。

そのすぐ隣にはフラムFCの本拠地のサッカー場。

一方でランニングをする側の川岸沿いにはウェットランドセンター(湿地センター)。こちらではカワウソなどの野生動物の生態を観察することができて子連れにはよい散歩コース。

フラムFCには元日本代表の稲本選手が2001年のシーズンに所属していました。なお、Fullhamはスペル的にも発音的にも、フルハムだと思うんだけど、なんでフラムって日本では表記するのか不明。

ウエットランドセンターを超えると最初のコブ。コブの頂点には名門男子校セント・ポールズ・スクール。

なお、女子校のセント・ポールズ・ガールズは対岸のハマースミス駅近くにあります。女子校の方は不動の全英ナンバーワン高校。

男子校の方が名門だとは言っても女子校と比べるとその足元にも及びません。というか、女子校が突き抜けて優秀すぎるというのも。

うねりをさらに一つ越えると植物園キューガーデンの側に出ます。こちらはガイドブックなどでもおなじみ。
もう一つうねりをこなすと16マイル(26キロ)の終着点ハンプトンコート宮殿

こちらは、スタート地点のフラム宮殿の主だった大主教の所属するイングランド国教会の創設者でチューダー朝時代のイングランド国王だったヘンリー8世の宮殿の一つです。

こうやって整理してみると、割とそれだけで満足・・・。

最近、寒いし、走りに出るのが微妙にかったるいです。そういうときって、ほかの人たちはどうやってモチベーション維持してるんだろうかというのは興味があります。

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

練習

Posted by 千本ノック