UTWT最終レース、ウルトラトレイル・ケープタウン(南アフリカ)

トレイルレース・ウルトラマラソンウルトラトレイル・ワールドツアー

日本で南アフリカというと、治安が悪いとか、政治情勢が不安定だとかネガティブな印象ばかり。それは確かにそうなんですが、海沿いの風景は最高にきれいだし、変なところに行けば危ないのはどこも一緒。

要は、危ない地域が多くて、境界線があいまい、というくらいかな。。。実は僕、 10年前にイギリスに移住した当初は南アフリカの会社に勤めていたこともり、南アは独特のアクセントも含めて、僕には馴染みの深い国。大西洋沿いのダーバンやケープタウン出身の友人が今でも多くロンドンに居ます。

いろいろ問題も多いものの、ずっとそのままということも無いだろうということで、仕事からリタイアした後に移住する候補のひとつにスペインのバルセロナと並んで、南アのケープタウンを入れています。

風光明媚とはまさにケープタウンのためにあるような言葉です

そんなに好きな南アフリカ、ちょっと迷っているレースがあります。まだエントリーしていないので何とも言えませんが、基本は参加したいなと。逐次、情報をアップデートしていきたいと思います。

で、今日はまずは概要をちょっと。

Salomon Ultra Trail Cape Town

ウルトラトレイル・ワールドツアーの最終戦、ウルトラトレイル・ケープタウン。コースはケープタウンの内陸側からスタートした後、海側に出てから、町のシンボル的なテーブルマウンテンに上がって戻るコース。全長は 100km、累積標高は 4350mです。

地図を見ると、カナリアのようにゲンナリするコースでもなさそうで、ちょうどよさそう。カットオフが 17時間と厳しそうな感じなのが気になるものの、全体として走れるコースなんでしょう。これなら、終ってから観光する余裕も残りそうだし、南半球の暖かいクリスマスシーズンを十分に楽しめそう。

ただし、問題が二つほど。

一つは、 12月初旬というスケジュール。これ、ちょうど仕事でばたばたする時期と被るんですな。とりあえずエントリーして、やり繰りは後で考えるか・・・。二つ目はこの間のカナリア、 8月の CCC、 10月のトルコに続いて 12月も一人で海外旅行(遠征)という家族持ちとは思えない豪胆な予定であること。

うーん・・・。出張だから!とウソをついて出て、日焼けして帰ってきたら高橋由美子だなと芸能ニュースを見ながら思っています。

見てください、この風景!

アパルトヘイト政策終結後の南アフリカでは、国民の融和を願って自国のことをレインボーネイション(虹の国)と呼んでいます。融和は上手く行ってないけど。

国民の民族的な多様性のことを指していることを知らなかったので、僕はすっかり自然の風景のことをイメージさせる表現だと最初は思っていました。それくらい大自然、壮大な風景が広がります。

そしてコースもまさにそれ。ケープタウンという大都市近郊でありながら、その大自然を垣間見ることが出来るようです。

これはむちゃくちゃ惹かれる。そして繰り返しますが、 12月なのに南半球なので夏。真夏の 12月、真夏のクリスマス。

日本から行くのも、そんなにハードル高くない?

日本から行けないものを紹介してどうするというのはあるので、早速、お気に入りの航空券予約サイト KAYAKでチェック。

師走の忙しい時期だというのは置いておくとして、コストや時間的には日本からでも十分に渡航できる印象です。年末に家族でハワイに行くか、とぼけて 1人で南アにランニングにくるか。僕なら後者一択。悩むふりはしますけどね。

もっと時間もかかって高額なんだと思っていました

それにしても、 Priceline GroupのBoooking.com (ホテル)と KAYAK(航空券)予約サービスは優秀。先日も書きましたが、 Booking.comは前払い無し・直前までキャンセル料無しで、とりあえずホテルの部屋を押さえられます。

行けるかどうか分からないけど、行ける場合に部屋が無いと困る、という状況の解決策で右に出るものなし、です。

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク