例年4月第一週の週末はマラソン集中日

トレイルレース・ウルトラマラソンロード

決算集中日とか株主総会集中日とかありますが、例年、4月第一週の日曜日はメジャーなフルマラソンの集中日。

今年の欧州の主要なフルマラソンの日程表はこちら。

今年は諸事情により僕は走らなかったものの、僕の初めてのフルマラソンだったロッテルダムマラソンにはじまり、パリマラソン、ローママラソン、それにミラノやイビザでのマラソンが例年通り開催されました。

エントリーしてたのに行けなかったパリマラソン、残念だけどまあ仕方ないですな。

こちらはパリマラソンのPV

 

日本を離れて長く、この時期の日本のオフィスは忙しいのかどうか覚えていないので、何とも言いにくいのですが、もし都合がつくならこの時期の欧州家族旅行+フルマラソンレース参加はおすすめです。

気候は暖かくとも暑くはなく、観光でも春の欧州を満喫できるはず。

たとえば、お父さん(またはお母さん)がロッテルダムでマラソンを走っている間、家族はキューケンホフ(チューリップ公園)まで電車で一本で移動して観光しているとか、いろいろ工夫できますよ。

昨年は当宅はそうしました。

今の時期のキューケンホフはまさにこんな感じです。

日本の春休みシーズンもほぼ終わっているので航空券なども早めに予約しておけば安いはず・・・。

来年は是非どうぞ!

いや、とは言っても先の話は分からないし、急に仕事の予定が入るかもしれないしという方も多いはず。

というか、それが僕も含めてサラリーマンの実情。

僕がおすすめする裏技

予定の読めないサラリーマン、そして予算に厳しいサラリーマンの我々。

レースの予定を立てるに当たっておすすめしたいのは、いつでも取れる航空券だけ予約を後回しにして、まずは早々に売り切れてしまうエントリーと、ホテルの確保するということです。

最初にエントリーですが、リファンド(返金)オプション付きのエントリーができれば、いくばくかの保険料をギブアップすれば参加できないときには返金が受けられます。

そして宿。こちらは時期が近づけば近づくほど、ヴィヴィッドに価格は上がって行きます。したがって早期に予約をすることが大切。そこで僕が使うのはBooking.com。ここなら前払い不要、キャンセル料無料でホテルを確保できます。

例えば、僕は来年の今頃に参加する予定のレースも一通り予約済みなのですが、一年前から予約していれば宿泊料は格段に安いです。

予定通り行けるのであれば、航空券をあとで予約すればいいし、無理だなということであれば幾つかクリックしてキャンセルが完了。

海外遠征って言葉の壁もそんなに高くないし、モノによっては日本よりオンライン文化が浸透していることもあって、実に気楽です。

ちなみに、三井住友ビザカードの提携カード「Bookin.comカード」なら、年会費無料で世界中のホテルで優待が受けられ、さらに最大6%のキャッシュバックです。

使う金額を考えたら6パーはデカいですよ。

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク