ホカ オネオネ の耐久性

ギアHOKA ONE ONE, シューズ

ソールが極端に擦り減らない限り、シューズは700キロくらいまでは履いてしまっています。

500キロくらい、モノによってはもっと早く変えた方が良いというのは知っていますが、タイム狙いのロードレースシューズでない限り、まあいいか的な。

だって、僕が気に入っているホカオネオネは1足2万円から3万円です。これを普通に規定通りに替えたら、毎月2足も履きつぶすことになります。うむ、ほかにもお金は使いたいことがある・・・。

ということで、今回の投稿は「こんなソールのシューズで走ってます」というものです。

HOKA ONE ONE クリフトン3

ホカオネオネのクリフトン3は2足持っています。

ご存知のとおり、クリフトンは超厚底でクッション性が非常に高いため、距離を踏んでソールが潰れても、ほかの一般的なシューズと比べるとまだまだ十分なクッション性があると思っています。

ですので、いわゆるロングライフのカテゴリーに入るシューズ。クッションはヘタっても僕の走力、練習のペースでは正直言ってあまり気になりません。

ただ、長い距離を走ると擦り減ってグリップは効かなくなるので、坂道の登攀力に差がでるかなと思うのと、冬の凍結路でのランニングでは危険なのでその辺は考えて履いてます。

700キロまできたClifton3のソール。破れるまで履くシューズ、ですね。こんなソールでも練習やトレッドミルなら普通に走れますよ。

という風に考えると、価格はやや高いものの、シューズのライフサイクルコストという観点からはお得度が高いです。

型落ちのクリフトン3は在庫がないのか、最新のクリフトン4と値段が変わりません。とすると、買うとすればクリフトン4なんでしょうね。

なお、一部のレビューにおいて、クリフトンのアッパー部分は圧着式で一部剥がれるというコメントがありますが、僕は洗濯機やたわしで乱暴に洗って来てもそういうことは一切なし。

剥がれはクリフトン2までの問題だったのではないでしょうか。

HOKA ONE ONE スピードゴート2

レース用に購入したSpeedgoat2ですが、こちらはVibramソールの減り具合がやや早いように思います。

下の写真は、最悪のガレ場・岩場のレースだったトランスグランカナリア(126km)を含む375キロを現時点で走っているスピードゴート2のソールです。

だいぶ擦り減ってはいるものの、ビブラムソールのグリップ力はまだ十分にあります。

375キロ時点の擦り減り具合としては僕の持っているシューズの中では良好な部類だと思います。

一つ気になったところがあるとすれば、つま先部分のはがれですかね。トランスグランカナリアで散々に岩にぶつけたので仕方ないですね。

ハガレと言っても、うっすらと隙間が空いているくらいです。

むしろ、あれだけ打ち付けたのに爪は一切死なずに完走できました。スピードゴート2のプロテクション力に感謝しています。ありがとう。

ロングのトレイルレースに出る人、足をがっちりガードしたい人、そしてクッション性の恩恵にフルに預かりたい人にスピードゴート2は圧倒的な味方です。

大きめのサイズはブラックカラーのほうをチョイスすると出てきます。このシューズ、以前書きましたが、ワンサイズか1.5サイズ上がしっくりくると思います。

Hoka One One (ホカオネオネ)の耐久性

HOKA ONE ONEのシューズはクッション性が売りだけど、耐久性がいまいちという通説。

僕はこれにチャレンジしたいと思います。1分1秒を争うレースでないのであれば、多少のヘタレくらいなんてことなし。

そして、練習程度であれば、だいぶヘタレてもまだまだ十分使えます。そしてHOKAの超厚底はヘタレを気にせず履けるだけの厚さがあります。

僕のシューズの買い替えサイクルは、レース前の1か月くらいに勝負シューズを決めて購入。そのシューズでしっかり練習してからレースで使用するというものです。

なお、レースで使用したのちは、練習シューズに格下げして通勤シューズ&帰宅ラン用で末永く履きつぶすというもの。

これなら、レースに参加する楽しみも増えるし(ギアを買うのは純粋に楽しい)、コスパも良好です。

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ギアHOKA ONE ONE, シューズ

Posted by 千本ノック