Hackney Half Marathonの振り返り

人気の投稿

東ロンドンのハックニー地区、 2012年ロンドンオリンピック競技場周辺で行われた Hackney Half Marathonを走って来ました。

気温も11時過ぎにはだいぶ上がり、熱くなりましたが僕が走っていた時間帯は曇りで涼しく快適でした。

ハックニーといえば一昔前は立ち入るのを躊躇するブラザーフッドでしたが、今は再開発が進んで見違えるよう。危ない街というよりは、安い家賃のおかげで若者が集まり、 vivrantな街という印象。

ハーフマラソンの結果は 1時間38 分ちょうど、何とも言えない微妙なタイムでした。一年半前に走った初めてのハーフマラソンでは 1時間38 分24秒とほぼ変わらないタイムだったので、この 1年半の練習を考えれば不完全燃焼な感じです。 30分を切れたら、いい感じに調子に乗れたのになーと後悔。

敗因は幾つかありますが、一番ダメだったのはやっぱり金曜の深酒、決定的だったのは喫煙( 15本くらいかなw)。

こういうことを直前にすると、どうなるかというと、息が上がることもないけれど、そこからペースを切り上げる気にもならない、なんとなくかったるい、という状態で走る羽目になります。

生活態度はビビッドに影響が出るなと改めて思いました。でもね、またまた繰り返しますが、楽しい飲み会か、タイムかで言えば、僕はプロじゃないんで断然、飲み会です。

一方で収穫もありました。シューズはアディダスのタクミ Renブースト3で臨みましたが、いつもは悩まされる足底の痛みは始終出ず。フォームと着地、そして着地時間に気を使って、新しいフォームをクセにした効果でしょう。

今回は最初の 5キロくらいで早くも止めたいなという気がむくむくと芽生え、あきらめて流す気分で気楽に走ってもキロ当たり 4分40 秒。フォーム改革の成果です。体調管理が確り出来なくてもこれくらいできるんだなと自信になりました。何だそりゃ。。。

次の日曜日は更に短い 10キロのレースです。今週も仕事があれこれあるのと、夜に出かける予定もあるので調整自体は気にしていません。ただ、 10キロと短いレースなので、ペースで自分を追い込む練習代わりに使おうかなと思っています。

それから、この 10キロのレースまでには、アディダスのアディゼロ・サブ 2が手に入ります。着地感が柔らかいのに地面からの反力をブーストフォームで拡大して貰える超軽量レーシングシューズ、どんな感じなのかとても楽しみです

今後はロードシューズの運用としては、アディゼロサブ 2をメインにして、持っているタクミ Renシリーズは練習用に格下げにする予定。トレイルレースの合間に距離の短いロードの遊びレースを入れてスピード感、走力や心肺の維持強化に取り組む計画です。