アディダスのフルマラソン2時間切りシューズ アディゼロサブ2はサブ4狙いでも履けるシューズ

ギア, ロードマラソンアディゼロ, サブフォー, シューズ, フルマラソン

ナイキがあーだこーだ言ってみても、所詮はチャレンジャーで、ディフェンディングチャンピオンはアディダスです。

言うなれば、埼玉のヤンキーが池袋のチーマーに喧嘩売ってるようなもんで、実力拮抗とはいえ、やはり王者の風格があるのは池袋の、じゃ無くて、アディダスのアディゼロシリーズ。

世界記録はアディダスのシューズで出ています。

そのアディダスがフルマラソン2時間切りのために送り出したアディゼロ・サブ2を履いて走って来ました。

近所を7キロほど、1キロ6分から始めてキロ3分45秒まで(これより先は僕には無理です笑笑)、どんな感じなのかなって様子見のラン。

「サブフォー狙いからこれでいいんじゃない?」

他のレビュー見ると、このシューズはサブフォーレベルにはどうこうとか、キロ何分あたりから反発が効くのでそれ以下のペースではメリットが無いとかそういう評を見かけますが、僕は履いた感じの印象は、むしろ逆で「懐が深い」です。

どういうことかと言うと、ブーストフォームによるソフトな着地感のおかげで、カリカリのレーシングシューズという感じがしません。それよりも、もっと対象になる走力のレンジが広い、対応力のあるシューズという印象です。

キロ6分くらいでストライドを長くしてドタドタと走るなら、たしかにもっとクッションの厚いシューズがいいかもしれません。でも、ピッチ走法で行くならこのシューズを履けるランナー層は実はかなり広いと思います。

ブーストフォームの跳ね返りがという方もいるかもしれませんが、みやすのんきさんの本でフォーム改革したおかげか、僕は全く気にならず。

全体的な走行感、着地衝撃など、どれをとっても、僕はこのシューズが気に入りました。

明日は10キロのショートレース、PB出るかな。。。今から楽しみです。

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加