肉離れ イブプロフェンは回復を妨げるらしい

トレイルレース・ウルトラマラソン, ロードマラソン

リタイア後にバスでゴール会場まで移動、友人の到着をまつ間、せっかくの機会だったので、メディックとして待機していた救急隊の人に痛みのあるふくらはぎを見てもらいました。

“I think you pulled your hams (肉離れになっていると思います)、最低4週間は安静に”

ん・・・?!月末のCCCと被るのでそんなに何もしないでいるのは無理です。痛みを感じた後にすぐに走るのをやめたので大丈夫、でしょう。。。

そうでないと困る。

僕の都合はさておき、簡単な診断と応急処置をしてくれた救急隊員の痛み止めについてのコメントが参考になるので紹介します。

“パラセタモルなら気休めに飲んでもよい”

“イブプロフェン(ロキソニンですね)は回復のプロセスを妨げるため最低でも3日は飲んではいけない”

なぜ解熱鎮痛剤はOKで、消炎鎮痛剤はダメなのかわかっていませんが、その道のプロが言うんで、そうなんでしょう。

レース中、あるいはレース後に痛み止めを飲むのであれば、腎障害の問題の他に、この点も念頭に置いておくと良いと思います。

Twitterでフォローもぜひ

はてなブックマークはこちらです

このエントリーをはてなブックマークに追加