Salomon 8 SET用のポールバッグ、Custom Quiverの使い勝手は良好

人気の投稿

今回の100マイルレースは、こちらの動画のとおりに必携品を詰めて8SETで臨みました。


そうすると、ポールはどう携行するんだという問題が…


解決策としては、PULSE BELTのようなポールホルダー付きのウエストバッグで携行するという方法。でも、今回のようにエイドが充実しているレースの場合、8SETを背負った上でさらにウエストバッグを携行するほどモノがない場合、純粋にポールのためだけにベルトをするのもなんとなくいまいち。

それに、ウエストベルトにつけるような場合は、さらに荷物が少ないとき(ベルトだけで足りるとき)などは良いのかもしれませんが、そうでなければそもそも、腰回りに横棒があるのはどうなのかなって思うんですよね。

そこで、今回はCustom Quiverを8SETに取り付けて、ポールを背負って見る、そして今月末のCCCへの予行演習的に今回のレースで試してみる、ということにしてみました。

購入前に写真を見た感じだと、蓋がないのでポールが中でバタつかないのかなとか、外に飛び出してしまわないかなと、使用前はやや不安はありました。

でも、トランスグランカナリアでもトップ選手がこのカスタムキバーを使用していたので、「あんなスピードで駆け抜ける人たちが使っているんだから大丈夫でしょう」、「ダメなら(僕のMountain Kingのポールは軽いので)手で持てばいいや」ということでぽちり。

結果、使用感は良好。僕はそんなに肩回りが柔らかいほうではないし、ボクシングをしていた割にリーチが短いのですが(T_T)、取り出し、使用後の再収納も極めてスムーズ。この辺りがスムーズにいかないと、ポールを出すのを躊躇してしまいますが、そういうことはありませんでした。

実際問題、もたついていれば、後ろを走っている人がよっぽどアレじゃない限り助けてくれますよ。僕も一回引っかかった時に後ろのお姉さまに助けていただきました。

この袋は適度に深いので(よく考えられていると思います)、飛び出すとかそういう心配は一切なく、また、装着時はきゅっと適度に締め付けられるのかカチャカチャとバタつくこともなく、軽快。

これは非常に便利です。

ちなみに、ポールのことを考えて、前のボトルの脇にポールを装着できるUltimate DirectionのMountain Vestにするか、ポールを収納する機能がパックそのものにはない8SETにするかというのは、実はだいぶ悩みました。

でも、好みの問題というか、僕はどうも顔の下、アゴというか首周りにポールがあるというのが気になると思ったので8SET+Custom Quiverの組みあわせを選択しています。

12 SETと迷いますが、CCCも今のところは8SET+Custom Quiverのつもりです。