スカイレースにはInov-8マッドクロウを投入

スカイレースにはInov-8マッドクロウを投入

グレンコーは環境というか雰囲気はこんな感じです。滑る、滑る。シューズを考えないと悲惨なイベントになること間違いなし。

そこで何を履くかですが・・・シューズ買うのってなんでこんなに楽しいんですかね。走るよりシューズを買う方が好きなんじゃないかって最近は思ってるくらいです。

と言ってみても予算には限りが。

最近はレースのたびにシューズ買うにではなくて、あるものを投入することを覚えましたw。好き勝手に買っていると死ぬほど妻に怒られます。そりゃそうだ。

しかも、今回はまだスカイレース行くことを妻にはまだ言えていません。これで家にシューズが配送されようものなら、いつにも増してむちゃくちゃ嫌味を言われるのは目に見えているので実に頭が痛いです。

ガミガミ言われても、心を無にして固まる、動じない術を最近習得いたしました(フリー画像をお借りしています)

 

さて、本題に戻ります。。。スカイレースに向けたシューズとしては、雨天がち・泥濘み・岩場ということを考えると、ほんとのほんとは、AltraのKing MTに惹かれています。でも、誘惑に負けて新しいシューズをまた買ってしまうと、火に油というよりも、ジェット燃料をぶっかけるようなもの。ナパームだw

そこで、ご出座願いますのは、クソトレイルでは圧倒的ナンバーワンの名を欲しいままにする、我がイギリス連合王国の誇るイノヴェイトのマッドクロウ。

茶化してますが、このシューズのグリップ力、悪路走破力は伊達じゃないですよ。僕の知る限りでは右に出るものなし。しかも、パターン、ラグの設計が秀逸なのか、他のシューズのように泥がまとわりつかないため、重くなるということがありません。

ある意味、イギリスだからこそ作られた・作ることができたシューズ。というのも、こちらに冬のトレイルはぐちゃぐちゃなんてもんじゃないですし、牧草地なんかは草が絡むため、土がまとわり付きやすい。普通のシューズで走ればペースはダダ落ちです。

Inov-8 Mudclaw 300レビュー | ロード、クロカン、トレイルを走ってみた

ふーんっていう感じもしなくもないですが、このブログでも度々紹介しているParkrun命のイギリス全土にいる熱血週末5キロランナーの方たちには、これは切実な問題。Parkrunはその名の通り、公園の中を走りますが、こちらの公園はロンドン市内でも我が家のように森の中だったりしますからね。言うまでもなく、冬場は長雨でげんなりするような悪路。

マッドクロウがタイムの悩みを解決してくれた!とアマゾン(イギリス版)のレビューにチラホラ書いてありますが、その気持ち、よく分かる。

翻って泥濘みではなく、岩場でのグリップはどんなもんかという点は、正直不明なところはありますが、あのラグの感じだと他のシューズと比べて遜色は無さそう。この辺りは今月半ばのスカイレースで解明してみます。

 

シューズカテゴリの最新記事