ララムリ(無理)、初の完全ベアフット達成

人気の投稿

ララムリ族とマンサン族に憧れて数ヶ月、ついにこの日がw

今日は雨模様のなかなか悲惨な天気でしたが、これなら地面も柔かくなっているだろうということでで完全ベアフットに挑戦してみました。

場所は毎度同じで恐縮ですが、ビレッジの中心部の時計台まで歩いて行ってそこからウインブルドンの森を周回するコースです。

路面は当然ながらむき出しの土、クロカンもどき、トレイルもどき。下りの衝撃、石を裸足で受け止める自信がないので、起伏のないコースを選んでいます。

Total distance: 10192 m
Max elevation: 112 m
Total climbing: 73 m
Average speed: 9.81 km/h

 

ちょっと横道にそれて小ネタを披露すると、この森はプリンセス・オヴ・ウェールズ、故ダイアナ妃の実家のスペンサー家が持っていた森です。

ここにスペンサー家が大豪邸を立てようとしたところ、地元の有力者の大反対にあい、揚げ句の果てには地元民に巻き上げられてしまいました。こんな経緯もあり、現在ではWimbledon Common、つまり「共有の森・野原」と呼ばれています。

ちなみに娘の通う学校の校舎はスペンサー家ゆかりのお屋敷で、通称Spencer House。こんな田舎町とは思いますが、他にも中世から近代のイギリス史に登場した人たちのお屋敷が残っています。

例えば我が家の裏はイングランド国王でイギリス国教会の創始者であったヘンリー8世の家で、この間までは伝説のバンド、Queenのブライアン・メイが住んでいました。

話を戻すと、秋の落ち葉がうっすら積もる道はとても柔かく、小枝を踏み抜いてイテテとなることは少なからずあったものの、ベアフットに挑戦するにはちょうど良かったです。

今日は雨でケータイを持参しませんでしたので晴れている日に写したコースの写真です

これをロードでやるとなると、東京と違っていろんなものが落ちているロンドンの道ではとても無理。

幸いにして、これから雨がちの天気になる季節になったので、雨でゆるくなった地面の上で徐々にベアフットに慣らしていきたいなと思っています。

裸足で走ることで、失われた走りを取り戻すことができるか。

求道者w

ちょっと痛いけど。

まあ、最近の僕は歩く火炎放射器、火を付けまくっているので、これくらいやって精神を鍛錬し直した方がいいかなって思っているんですよね。

ファイヤー🔥🔥🔥🚒🚒

今日は初回だったので、途中で、ああ、これはララ無理〜♫ってなるかなと思いましたが、なんとか完走。

それから新しい気づきはベアフットはあまり泥はねしないということ。シューズだと毎回ひどいことになるのですが、今回はそんなこともなく、裸足の不思議な世界を垣間見たといった感じです。

面白いです。