寒い冬を乗り切るランニング手袋

人気の投稿

北極からの寒波が流れ込み、ロンドンは日本より一足先に寒くなってきました。

昨シーズンとは変わって、今年は冬もなるべく外を走るつもりです。最近の研究によれば、寒い中を走る方が体脂肪の構成が変わってエネルギー効率が良い身体になるのだとか。

それにジムは続かないのに高いし。。。

そこで問題になるのが着かさねができない手足。

足はマンサンダルことDIYワラーチで行くことにしているので完全にあきらめですが、手ぐらいは何とかしたい。特に手のかじかみっていうのは、寒い・痛いだけじゃなくて思うように動かずちょっとイラッとしますしね。

そこで気に入って使っているのは、CCC向けに購入したサロモンのボナッティ・ミッテン。薄手ですが防水で、ところどころに気の利いたデザインになっており、使い勝手が良いです。

薄手なのにしっかり防水、保温してくれます

こんなに薄手ですが、付けていれば寒さは感じません(現在のロンドンは体感で0-5度くらい)。防水なので冬の冷たい雨も何てことなし。

ポイントは手の平の切れ目。走り始めて、体温が上がり、蒸れそうになったらめくればOK。指先が出るので、ジッパーを開ける、ケータイをいじる・写真を撮る等の細かい操作も当然ながら楽勝。

めくった部分は手の甲のゴムでとめられます

手の甲のゴムはなかなかの優れたアイデアで、パタパタすることもないし、外したら二つまとめてゴムで小さく丸めておけば片方が無くなることもなし。

普段から使えて、レースにも対応可能。冬の手袋はどうしようかなと思っている方にはおすすめしたいです。