初めてのボルダリングシューズ La Sportiva Katana

人気の投稿

There is a fine line between boldness and stupidity…. ギュギュウに練習してギリギリのことをするのが若い頃から好きです。

そして待ちに待った初めてのクライミングシューズ、ようやく届きました。

ランナーにはおなじみのLa SportivaのKatana

ヒールに「刀」、かっこいいです・・・

TenayaとかScarpa、そしてこれを試し履きして壁を登る姿をインストラクターに見てもらったところ、これが良いのではないかとのこと。他に何も指標がないので、そのまま言われた通りこちらを購入。

シューズ選びにあたっては、ボルダリングをやっている人には当たり前のことでも、クライミングシューズが初めての僕にはへーっていうことばかり。

「キツキツでつま先がシューズの中で曲がるくらいが良い、ワンサイズ下を選ぶのがいいよ」

というのがインストラクター氏のまず最初のアドバイス。最初はえって思いましたよ。横からも縦からも締め付けられて痛いのなんの。

ウルトラマラソン・トレイルでワンサイズ上のシューズを選ぶことに慣れていた僕には、「ワンサイズ下を選べ」というのは新鮮を通り越して、「それでほんといいの?」というのが最初の感想。

でも、登ってみればわかります。きつくないと無理。

ただし、僕の場合は「最初の一足だし、そのうちサイズ感とか好みが出てくるだろうから最初はあまり痛くないもの、そしてある程度Versatileなものの中から、最後は見た目で選べば?」というアドバイスも。

そこで、あまり痛いのも嫌なので、素足で履いてややきつめ、ソックスを履くとだいぶきつめという0.5サイズ下のシューズを選びました。

つま先の形など最初は好みもわからない中で選びきれないし、ランシューと一緒でこだわり出せばきりがないので、やる気を維持する観点からも見た目は大事。

確かにランシューだって、いろいろこだわって試した結果、結局の落ち着きどころは手作りサンダルになってしまいましたからね。好みが出てくるまでは適当に見た目で選んで良いっていうのはいいアドバイスだなと思いました。