Spotify版iPod ShuffleことMighty

人気の投稿

ランニングとクライミングのことしか考えない冬休みです。準備中のこともあって仕事らしきものもしているのですが、ほぼ趣味の生活。

で、というか、ところが、iPod Shuffuleを落としました。もう何なのって感じ。

そこで今は廃版になってしまったiPod Shuffleを購入しようとアマゾンを覗いてみましたが、値上がりしていていまいちピンと来ず。

考えてみれば、Apple Musicに月額課金しているのに買い切りでない音楽リストはShuffleには移せないしイラッとする仕様なのにこの値段払うのか、みたいな不満がどっと出まして。。。ケチです。

Spotify版iPod Shuffuleと言われるMighty

そこで、代わりに以前から気になっていたiPod Shuffle for Spotifyと言われていた携帯音楽プレーヤーMightyをポチってみました。日本でもアマゾンから買うことができます。2018年12月現在、日本のアマゾンでの取扱いはバッテリー時間にムラのあった初代のモデルで、現行のMighty VibeはMightyのサイト(こちら)から直接買う必要があります。

Mighty(マイティ)の優れているところは、Spotifyのストリーミングライブラリの曲を移せること。

え?って思われるかもしれませんが、端末自体はインターネットにつながらないのに、同期するだけでストリーミングしているプレイリストをオフラインで持ち歩けるのです

やっぱりそうじゃないと。。。iPodがひどいなと思ったのは、インターネットに繋がる端末でないと、Apple Musicの月額課金でダウンロードした再生リストが移せないこと(いちいち楽曲を別途購入しないとiPod Shuffleに移せません)。

というわけで、Apple Musicは早速解約、Spotifyはプレミアム契約にアップグレード。

実物はこちら

大きさは2 x 3.8 x 3.8cmのサイズでiPod Shuffule (0.9 x 3.2 x 2.9 cm)と比べると明確に大きいです。ハイチュウと比べてみるとこんな感じ。

正面から。操作性はiPod Shuffleとほぼ同じです。
横から

重さは18グラムなのでやはりiPod Shuffuleより5グラム重いものの、軽い重いが問題になる重さではありません。

操作性

これがめんどくさかったら、あるいは分かりにくい人がいたら、その方はそもそもスマホをいじれないだろうなというレベルの簡単さです。

App Store(Google Play)でMightyのアプリをダウンロードしてログインすると、Spotifyと同期してくれるので(Spotifyのアカウントは必要です)、自分のプレイリストをタップしてSync(同期)するだけです。

Mighty本体とスマホの接続はBluetoothで行うのですが、これもMightyの電源を入れてアプリを立ち上げれば接続画面につながります。

スペック

フル充電あとの連続再生時間は5時間以上(Bluetooth不使用)とiPod Shuffuleの最大15時間と比べてかなり短いです。これが気になる方はiPod Shuffuleの方をおすすめします。

ただし、iPod Shuffleはフル充電に4時間必要ですが、Mighty Vibeは80分ほど。

それから、iPod ShuffleになくてMightyにあるものは、Bluetooth機能。ワイヤレスイヤホンを使いたければMightyの一択です。

音質についてもiPod Shuffleに軍配が上がるように感じましたが、そもそも運動中の音楽なので、安いイヤホンしか使わないし、音質を気にするところではないので無問題。

まとめ

Mightyの良さは一にも二にもSoitifyのリストを移行できることの一点につきます。

いちいち音楽を購入しないと移せないiPod Shuffleと比べて、製品ライフサイクルで見た場合のコスパの良さはMightyの圧勝。

今までは、「Aplle Musicに月額課金しているのになぜ毎回数千円の追加コストを払って楽曲を買わないといけないんだよ?!?!」と不満が溜まっていましたからね。

強いてiPod Shuffleの良さを取り上げるとすると、完成度の高さ。製品にムラも個体差も無さそうです。一方でMightyはまだまだということが、ありそう(使い始めた現段階では問題なし)。

ここから先は個人の趣味の世界、ですかね。僕は新しい曲を月額課金でバンバン落としてランニング中に聴きたいので、それができるMightyに一票。

使用していて気付いたことを追記

バッテリーは5時間は持たないですね。ロングレースに持っていくにはやはりiPod Shuffleが必要でしょう。

となると、やはり普段の練習の時にいろいろとSpotifyで落として聞きまくる為のMighty、レース本番に聞く音楽は絞って購入したものをiPod Shuffleに入れるという使い方になりそうです。