結局のところトレッドミルか

ずっと低予算で今年はやるつもりでしたが、怠け癖というか、適当に距離をタラタラ踏んでいるだけで進歩がない上、一向に追い込む気配を見せない自分に(笑)呆れて昨日からジムに再入会。

初日の今日は朝6時から5キロほど傾斜をつけてやり、退社後は傾斜がコースに合わせて変わるプログラムに沿って11キロほど。

朝6時と言っても、朝の早い金融街なので混んでいるかなと思いきや、ガラガラ。トレミゾーンもこの通り。

ガラガラでトレミ放題、横飛びも可能w

傾斜は5%くらいから始めて最大斜度の18%まで。キツイのなんの。実際のレースでは15%とかいう勾配は歩くはずなのでパワーウォークの練習ですね。

そして景色が変わらないトレミならではのつまらなさも辛さに輪をかけてメンタルのトレーニングにもいいかもしれない。というか、そう思いたい、私としては。。。

傾斜を設定して最初の一歩を踏み出す時に頭にコダマするのは児玉誉士夫、じゃなくてダンテのDivine Comedy、神曲でinfernoこと地獄への入り口にある一節。

Abandone hope all ye who enter here